今年も夏の高校野球が近づいてきました。
今年の話題の中心はなんと言っても早稲田実業の清宮選手でしょう。
高校通算100本塁打を超え長距離打者のセンスをいかんなく発揮していますが,東京都大会を勝ち上がり甲子園に勝ち進むには,いばらの道が待っています。
早稲田実業は清宮選手のみならず2年生4番の野村選手が強打者で,清宮選手が勝負をしてもらえる事が本塁打の量産をひと押ししている面はあるでしょう。日大三高などひしめくライバルを破り甲子園に出場できるかどうかは投手力にかかっていそうです。
早稲田実業が甲子園で準優勝した時は荒木大輔投手,優勝した時は斎藤佑樹投手という好投手がいて試合を作っていました。
今年のチームは打高投低のチームなので,好投手と当たった時が課題になりそうです。
東京のみならず大阪のチームもレベルが高く,どの高校が甲子園に出て来るか楽しみです。
話題が多い今年の高校野球は例年以上に盛り上がりそうです。