大型10連休も立夏を迎え終了しました。令和改元のお祭り騒ぎも終わり平静が戻ったのです。「なんと嬉しいことなのか」と感じている人は多いことでしょう。改元につきまして云々することは憚られますので致しませんが、この大型連休は改元があったことが実現に繋がったといえます。来年はこのようにはいかないでしょう。

私が言いたいのは、「日本人は働きすぎなのでもっと休むべきなのだ」という政府の考えが裏に見え隠れしていることです。

確かに諸外国に比較しますと労働時間は多いようですが、高度成長はだから達成できたとも考えられますし、この程度は体にも良いのではと考えてしまいます。

働きすぎ、仕事中毒など働くことを悪く考える風潮があるようです。働くことはいけないのでしょうか。昼休みに寝ていることや一か月のバカンスが良いことなのでしょうか。

世の中は昔と違い24時間休みなく動いています。動いていなければならない事情があるのですから、簡単に休むわけにはいきません。

なんでも一律に物事を考えることは、国民性なのかもしれませんが困ったものです。働くこともほどほどは大切ですが、休むこともほどほどにしませんと弊害が出ることになります。

全員が休めるならばハッピーですが、世の中そのようにはいきません。政府やお役人たちは休めるのでしょうが、そうではない人のことをもっと考えるべきです。私は、長期休暇の害について世論がもっと起きることを期待します。acom 借り入れ

機械学習はAI研究から生まれた技術です。実は、機械学習の発展というのは実はそこそこ古い話になります。1950年代に人工知能という言葉が初めて使われたのですがコンピューターの知能を搭載して、それを使った知的な議論を行うということが研究の中心でした。今のように学習機能を持たせようということは、そんなに多く考えられていたことではありませんでした。その後、1980年代になって医療分野に使おうという心みたことがあります。医療分野において人間の経験や知識を記録しておき病気の診断を活用しようというシステムが生まれたということが今の機械学習の歴史につながっていると言っても過言ではないでしょう。病気の診断というのは要するにこの可能性が高いというものをどんどん上げていき可能性の低いものの病気を潰していくというようなやり方をするのが一般的なわけですがこれは人によって違うということも少なく統計的にこういう状況の人はどういう病気になるであろうと言うことも分かるのでそれを機械学習によって発展させて行こうということです。ミュゼ 100円 予約